チャップアップとフィンジアの主成分比較

MENU

主成分から比較|チャップアップのM-034とフィンジアのキャピキシル

育毛剤を比較する時は、成分にも目を向けるべきです。
入っている主成分によって、効果も大きく異なってくるからです。

 

今回はチャップアップに含まれている主成分「M-034」と
フィンジアに含まれているキャピキシルを徹底解説します。

 

どちらのほうが高い効果が期待できるのでしょうか。

 

 

チャップアップに含まれる「M-034」の効果とは

 

ミノキシジルと同等の育毛効果あり

 

ミノキシジルとは国内でいえばリアップ、
海外でいえばロゲインに含まれている医薬発毛成分です。

 

医学的に発毛効果がある成分と、
ほぼ同等の育毛パワーがあることが認められているのがM-034です。

 

毛の再生力に関する実験が行われているのですが、
M-034を利用した時のほうが何もしなかった時よりも効果が出たことが認められています。
さらに、その再生率に関してはミノキシジルを利用した時と似通った結果が出ました。

 

ミノキシジルには血圧を下げすぎてしまったり、
頭皮環境を悪化させたり、といった副作用があります。
しかし、チャップアップに含まれるM-034には、そのような副作用が認められていません。

 

 

「効果はミノキシジルとほぼ同等で副作用のリスクはない」
といった大きなメリットを持っている成分です。

 

フィンジアに含まれている「キャピキシル」の効果とは

 

ミノキシジルの3倍の効果あり

 

培養した細胞で行われた実験ですが、
「ミノキシジルに比べてキャピキシルを利用したほうが
3倍も良い結果が得られた」とされています。

 

キャピキシルに関しても自然界にあるものやアミノ酸を利用しているため、
副作用の心配はほとんどありません。安全に利用できる成分なのです。

 

M-034との違い

 

5αリダクターゼ対策ができる点です。

 

男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンのテストステロンと
酵素の5αリダクターゼが結合してジヒドロテストステロン(DHT)
これが発生してしまうことにあります。

 

キャピキシルは、それらのAGAに関わる成分の中で
5αリダクターゼの対策ができる成分となっています。

 

結果的に、ジヒドロテストステロンの発生量を抑えられます。

 

 

M-034とキャピキシル|どちらのほうが効果的なのか?

 

総合的な薄毛対策について

 

M−034もキャピキシルにも同等の改善力があります。
実験でも証明されているので、総合的な薄毛対策に関しては大きな差はありません。

 

男性型脱毛症対策について

 

こちらについてはフィンジアのキャピキシルが一歩リードしています。
M-034で総合的な育毛を行っても良いのですが、

 

「男性型脱毛症をピンポイントで治したい」という場合には、
5αリダクターゼ対策ができるキャピキシルが含まれている方が効果的です。

 

ちなみに、

 

初期から中期であれば、総合的な対策ができる
M-034のほうが効果を発揮してくれる可能性が高いです。

 

一方で男性型脱毛症が進行してしまってからでは、
キャピキシルのほうが効果を発揮してくれやすいです。

 

自身の薄毛の進行度合いから利用する育毛剤を選ぶ、といった考え方もおすすめですよ。